胸が小さいことを悩んでいる女性は多いことでしょう。胸が小さいと洋服を選ぶのも大変で、着たいけどかっこ悪く見えてしまうことがあるなど気になる点もあります。そんな女性向けにバストアップサプリメントについて紹介するサイトを立ち上げました!またダイエットで胸が小さくならないようにする方法なども合わせて紹介します!

  • ホーム
  • 日本製と海外製のバストアップサプリメントの違いとは

日本製と海外製のバストアップサプリメントの違いとは

胸のサイズに悩むのは日本女性も外国の女性も皆同じことです。
インターネットでバストアップサプリメントと検索するとかなりの数の商品がヒットします。
中には外国のバストアップサプリメントを使用している人もいるようで、口コミなどはたくさんの商品のものが入り乱れている状態のサイトもあるほどです。

では海外製のものと日本製のものとでは、バストアップサプリメントはどのような違いがあるでしょうか。
まずは国産かそうでないかでそもそもの位置づけが違うということを知っておきましょう。
海外製のもの、例えばアメリカのサプリメントは医薬品と同等の高水準のものが多いのに対して、日本製のサプリメントは栄養補助食品という位置づけです。
ですから日本においてサプリメントとは薬ではなくて鉄分が摂れるウェハースなどと同じものとしてみなければなりません。
ですから医薬品ではないので、バストアップ効果が期待出来ます、というものであることを知っておきましょう。

海外では健康医療保険がない国も多いので、個人の医療費の負担が増えてしまうため、まずはサプリメントとして薬を摂取し、病院へかかる機会を減らそうという考えが根底にあります。
ですから外国では国がしっかり検査した安全性の高いものだけを販売するように定められているところが多いので、安全性の点から言えば日本よりも優れているのです。

そして海外製のサプリメントは医薬品に属している商品も多いので、副作用のリスクも高いということを覚えておきましょう。
日本において、日本人の体には影響が大きいと考えられているので規制対象である成分が配合されていることもあり、何らかの影響が起こることもあるのです。
成分の配合量も日本の規定よりも多くなっている商品も多いので、過剰摂取になってしまうことがあります。

海外製のサプリメントも日本のそれと同じように通販で個人輸入をすることが出来ます。
専用のサイトもありますから難しくはありませんが、中には偽物が混じっていることもありますからまずは調べてから購入を検討しましょう。

海外製のものは特に「偽物」に注意!

海外製のバストアップサプリメントは医薬品にあたり、日本製のものは栄養補助食品に分類されるということ以外、大きな違いがあるのでしょうか。
私たちがサプリメントを摂取する上で気になるのは効果と安全性です。
前述したように、海外製も日本製もそれぞれの特徴があり、一概に一方が優れていると断定することはできません。
ただ、そのバストアップサプリメントの成分が偽物でないないという確証があればです。

バストアップサプリは、女性ホルモンの分泌を促してバストアップに導きます。
これには、エストロゲンの働きに似たプエラリアミリフィカという成分が使われています。
現在販売されているバストアップサプリメントのほとんどがこの成分でできているといっても過言ではありません。
ただし、プエラリアは100パーセントの純度でなければなりません。
しかし、2004年、もう14年も前ですがバストアップサプリメントの半分が偽物のプエラリアを使用しているという調査結果が出たのでした。

プエラリアはタイで栽培される植物で、偽物のバストアップサプリにはクズイモやサツマイモの成分を混ぜて販売していました。
タイの気候はモンスーンの影響で一年中プエラリアが栽培できるのですが、気候が全く違う日本でも2006年にプエラリアの栽培に成功しています。
現在日本で販売されているバストアップサプリメントの成分は日本で栽培されたものがほとんどで、衛生面を保証されています。
海外製のバストアップサプリメントの安全性が全て否定されているわけではありません。

ただ、ヨーロッパや韓国ではまだ許可されていないのが現実です。
海外製のバストアップサプリメントを購入する前に、成分表を見て注意するのも必要かもしれません。

関連記事